ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ ショルダートラック トレーニング種目

ボディパンプ・トラック8「ショルダートラック(肩)」のトレーニング種目のフォーム・説明ページです。
前から・後ろから見た身体のVライン作りはこの種目で!

ボディパンプ 肩 アップライトロー

「アップライトロー」は肩の種目の一つです。肘からみぞおちに持ち上げるようして行う種目。肩の盛り上がりが出来ることにより筋肉が発達すると、前から見たときにVシェイプされたシルエットに。夏場でのそのシルエットは、周りの目線を引くこと間違いなしでしょうから、小さな筋肉と馬鹿にせずしっかり刺激したいところ。...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 プレート・アップライトロー

トラック8のショルダートラック、またウォーミングアップにも登場することがある肩の種目「プレート・アップライトロー」。通常はバーを持ってのアップライトローをプレートを持って行います。バーと比べると、比較的扱う重量が下がりますので、初心者の方もやりやすいと言えます。ポイントはバーでのそれと同様で、プレー...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 スタンディング・リバースフライ

トラック8のショルダートラックで登場する「スタンディング・リバースフライ」。上半身を斜めに前傾させて、肩の後ろと肩甲骨周りの筋肉を刺激する種目。肩甲骨を開いたり閉じたりの動作もあるため、普段動かない肩甲骨の動作ですから、パソコン作業・スマホ操作で丸くなりがちな背中上部の姿勢改善にも繋がるエクササイズ...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 オーバヘッドプレス(ショルダープレス)

「ショルダープレス」は肩の主要種目の一つです。トラック1・ウォーミングアップにも登場します。最近は「スタンディング・オーバヘッド・プレス」と呼称されています。をアゴのラインから真上に挙上する動作で、肩の筋肉の「三角筋前部」を主に刺激しています。片足を引いたスプリットスタンスで行うことにより、挙上する...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 プレート・オーバヘッドプレス

トラック8のショルダーやウォーミングアップにも時折登場する「プレート・オーバヘッドプレス」は肩の種目の一つです。バーではなくプレートを持ってのショルダープレス動作。バーに比べると、肩の筋肉の収縮・伸長が増すので、筋肉の動きの面で言えば実はバーよりもプレートの方が優秀と言えます。なぜかというと、プレー...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 スロークリーン

「スロークリーン」は肩の種目の一つです。ボディパンプ#100で初登場しました。アップライトローの要領でゆっくり持ち上げ、クリーン&プレスの要領で「肘を返す→元に戻す」を繰り返す種目です。瞬発的に「キャッチ⇒クリーン」を行うことによって心拍数アップを狙っているものと思われ、よりカロリー消費が期待できま...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 プッシュアップ

「プッシュアップ」は肩の種目の一つです。このトラックに限らず、トラック3・チェスト、トラック5・トライセプスにもよく出てくる動作。一般的にも有名なエクササイズで、コアが強くないとやり切れない種目でもあります。特に女性はやりずらい方が多いように感じます。主働的は「大胸筋」の胸と「三角筋」の肩のエクササ...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 プッシュプレス

「プッシュプレス」は肩の種目の一つです。セットスタンスでバーをアゴのラインから真上に挙上する。ショルダープレスとの違いが「膝の使い方」。ショルダープレスはスプリットスタンスで膝を曲げず反動を使わずに行いますが、このプッシュプレスは膝を曲げながら全身を使ってプッシュする。クリーン&プレスやパワープレス...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 サイドレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「サイドレイズ」。スタンディングでプレートを持ち「小さく前ならへ」の状態から左右に腕を開く種目。肩の真ん中を主に刺激しています。肩のトレーニングとしてはポピュラーな種目で、ウエイトエリアでもしばしばやっている方を見かけます。通常のサイドレイズは肘を軽く曲げての...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 フロントレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「フロントレイズ」。三角筋前部を鍛える種目です。横から身体を見た時、肩の盛り上がりを作りたい場合には必須な種目。前方にバー(もしくはプレート)を持ち上げますが、腰が反ったり身体が前後に持ってかれがち。コアをしっかり意識して行いたいところ。間違ったやり方を継続す...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 マックレイズ

トラック8のショルダートラックで登場するプレートのエクササイズの「マックレイズ」。前コリオグラファーのマイク・マクスィニーさんがボート漕ぎの動きをイメージして編み出された種目。片手はサイドレイズ・片手がフロントレイズを同時に行う動作。そうすることで、肩の三角筋の前部(フロントレイズ)・中部(サイドレ...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 ローテーターレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「ローテーターレイズ」は肩の種目の一つです。サイドレイズの状態から肘を支点に手のひらを前に向けるように腕を返します。ロボットの様に正確に行っていただくと、肩の深層筋群である「ローテーターカフ筋」を刺激します。このローテーターカフ筋が筋力低下しますと、いわゆる四...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 ローテーターレイズwithペックデック

トラック8のショルダートラックで登場する「ローテーターレイズwithペックデック」は肩の種目の一つです。ローテーターレイズから派生した動作で、ローテーターレイズで持ち上げた腕を、肘同士を近づけるようにしながら腕の開閉動作をします。これをペックデックと言います。このペックデック、肩甲骨を動かすので、肩...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 リアレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「リアレイズ」。片膝をつきプレートを持って「斜めに前傾」した状態でプレートを肘を曲げながら左右に持ち上げる肩の裏の筋肉を刺激する種目です。アイソレートに肩の裏に効かせることの出来るトレーニング種目。リバースフライやTレイズと違って、肩甲骨はあまり動かさないよう...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 スタンディング・リアレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「スタンディング・リアレイズ」。スタンディングでプレートを持ち「斜めに前傾」した状態でプレートを左右に持ち上げる肩の裏の筋肉を刺激する種目です。アイソレートに肩の裏に効かせることの出来るトレーニング方です。ちなみに、リアレイズは膝をついての「ニーリング・リアレ...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 スタンディングリバースフライ ローテーション

トラック8のショルダートラックで登場する「スタンディングリバースフライ&ローテーション」。スタンディングでプレートを持ち「斜めに前傾」した状態でプレートを左右に持ち上げ、そこからローテーション動作を加え、肩のアウターマッスルとインナーマッスルの筋肉を刺激する種目。この時、「手の甲は前に向けて」「肘は...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 スタンディング・Tレイズ

トラック8のショルダートラックで登場する「スタンディング・Tレイズ」。スタンディングでプレートを持ち「斜めに前傾」した状態でプレートを左右に持ち上げる肩の裏の筋肉を刺激する種目。この時、「手の甲は前に向けて」「肘は伸ばして左右に開く」動作のため、肩の裏プラス、肩甲骨も動かすことになるので、肩甲帯周り...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 アーノルド・プレス

トラック8のショルダートラックで登場する「アーノルド・プレス」。ボディパンプ#66登場以後全く出てきませんでしたが、ボディパンプ#102で再登場となりました。肩の筋肉を満遍なく刺激する事が出来る種目。実施時の肘の高さと、挙上時の「腕」「プレート」「肩の真上」の関係性がポイントになります。また、負荷に...

≫続きを読む

 

ボディパンプ 肩 リバース・アーノルド・プレス

トラック8のショルダートラックで登場する「リバース・アーノルド・プレス」。読んで時の如く、リバースのアーノルド・プレスです。プレート向かい合わせのところから挙上→開く→下す→閉じるの順番。アーノルド・プレス同様、肩の筋肉に対して満遍なく刺激を加えます。注意ポイント等は、アーノルド・プレスと同様になり...

≫続きを読む

 

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集