ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ 脚 スクワット ワイダースタンス

スクワットのワイダースタンスは、ワイドスタンスと比較し臀部と内転筋(内もも)の負荷が増すスタンス。ヒップアップと内もものたるみが気になる方にはもってこいのスタンス。現代人にとって、内ももは近年筋力的に弱くなっていると言われています。姿勢に重要な影響を与える箇所でもあるので、普段から鍛えておきたいところ。ワイドスタンスから一足分開き、かつ「膝・つま先を斜めに向ける」がポイント。

 

 

使用筋肉

脚の筋肉である「大腿四頭筋)」、お尻の筋肉である「大殿筋」を鍛えられます。ワイダースタンスは、膝・つま先を斜めに向けて実施するので、「内転筋群」への負荷がミッド・ワイド各スタンスよりも高くなります。

 

 

ムービングチェック!

↓スタート(拡大クリック出来ます)
スクワット
ワイドスタンスから一足分横に開いてセット

 

↓フィニッシュ(拡大クリック出来ます)
スクワット
膝が90度になるまで沈む

 

 

スクワット・ワイダースタンスのコツ

@脚のスタンスの幅は、ワイドスタンスから一足分外側に開く
A膝とつま先を斜めに向ける
B膝の角度が90度程度になるまで沈む
C内ももの負荷が上がるのでチェックを
D上半身の両肘は真下に向けたままにキープする(上半身の前傾を防ぐため)

 

NGポイント
・膝とつま先が正面に向いている
・スタンスの幅があいまい(広すぎる/狭すぎる)
・沈んだ時のレンジ(角度)が浅い
・上げた時、膝が伸びきる(伸びきらない様にする)
・腰が反る

 

関連ページ

ボディパンプ 脚 スクワット ミッドスタンス
ボディパンプ・トラック2のスクワットのスタンス「ミッドスタンス」についてのフォーム・解説ページです。
ボディパンプ 脚 スクワット ワイドスタンス
ボディパンプ・トラック2のスクワット「ワイドスタンス」についてのフォーム・解説ページです。

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集