ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ トライセプス・キックバックロー

トラック5の腕裏の種目で登場する「トライセプス・キックバックロー」。キックバックを進化させた種目で、片手のローイング動作で腕を持ち上げて肘を身体の後ろでキープ。そこからキックバック動作で小指から前腕部を持ち上げて、上腕三頭筋の収縮・伸長動作をする。

 

キックバックの動作は肘の位置が大事で、上に書いたように身体の後ろまで肘を持ち上げてキープ大事。で、その位置が割りに初心者の方には難しいようで、ピンと来ないかもしれません。なので、最初にローイング動作があって肘を高くすることが出来るので、肘の位置が認識しやすい利点があります。

 

 

*トリプル・キックバックロー

リリースによっては登場する「トリプル・キックバックロー」。ローイング動作で肘を持ち上げたら、そのまま3回連続でキックバック動作をする。収縮→伸長動作を3回繰り返して筋疲労を高めます。

 

ポイント!

ポイントは「肘を身体の後ろまで片手ローイング動作で持ち上げる」そこから「肘だけを動かす」ことの2点。

 

使用筋肉

キックバックローは、一つの関節だけが動く単関節運動。よって腕裏の筋肉の「上腕三頭筋」のみを鍛えられます。

 

ムービングチェック!

↓スタート(拡大クリック出来ます)
@
ボディパンプ,トライセプス,キックバックロー,二の腕

 

A
ボディパンプ,トライセプス,キックバックロー,二の腕

 

B
ボディパンプ,トライセプス,キックバックロー,二の腕

 

C
ボディパンプ,トライセプス,キックバックロー,二の腕

 

Dフィニッシュ
ボディパンプ,トライセプス,キックバックロー,二の腕

 

 

 

トライセプス・キックバックローのコツ

@曲によって床に四つん這い、もしくはステップ台に片手を置く
A片手でプレートをもって肘を伸ばす(目安は女性1`プレート/男性は2,5`プレート目安)
Aローイング動作で肘を90度に曲げて身体のやや上でキープ
B肘のみの曲げ伸ばしで筋肉を刺激
C実施時は肘の高さをキープしたまま(重要!)

 

NGポイント
・ローイング動作で引いたとき、肘の位置が低い
・キックバック動作時、肩が動いて肘の位置が定まらない
・キックバック動作時、肘が伸びきらない
・キックバック動作時、戻した時に肘が深く曲げすぎる(二頭筋に効いてしまう)

 

関連ページ

ボディパンプ トライセプス・エクステンション
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「トライセプス・エクステンション」についてのフォーム・解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・プレス
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「トライセプス・プレス」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・ディップス
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「ディップス」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・シーテッド・オーバヘッドエクステンション
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「シーテッド・オーバヘッドエクステンション」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・スタンディング・オーバヘッドエクステンション
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「スタンディング・オーバヘッドエクステンション」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・プッシュアップ
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「プッシュアップ」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・プルオーバー
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「プルオーバー」についての解説ページです。
ボディパンプ トライセプス・キックバック
ボディパンプ・トラック5「トライセプス」の「キックバック」についての解説ページです。

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集