ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ プレートカール

トラック6の腕表の種目で登場する「プレートカール」。ボディパンプのトラック6は通常、バーを持っての肘の曲げ伸ばしのバイセプスカール(アームカール)が主流ですが、トラックによってはプレートを使用してのアームカール動作が登場します。力こぶを引き締められる種目です。バーを使用してのアームカールと違って、肘・腕のの回旋動作で持ち上げるため、腕の表の「上腕二頭筋」をより使われる優秀な種目です。筋肉的に見ますと、縮める「収縮動作」と伸ばす「伸長動作」を100%近く行えるので、コアはトレーニングマニアの方は取り入れる人は多いです。

 

ポイント!

ポイントは「肘を身体のやや前でのキープ」と「肘だけを動かす」。身体は常に真っすぐキープ。前後に倒さない=バーの負荷にもってかれないように(負荷に負けがち)。肘から捩じるように回旋させて持ち上げる

 

使用筋肉

バイセプスカールは、一つの関節だけが動く単関節運動。よって腕表の筋肉「上腕二頭筋」のみを鍛えられます。

 

ムービングチェック!

↓スタート(拡大クリック出来ます)
プレートカール

 

プレートカール

 

↓フィニッシュ
プレートカール
プレートカール

 

 

プレートカールのコツ

@肘を身体のやや前で固定
A肘だけを動かしてカールさせる。この時曲げ切るようにする
B曲げるときは腕を回旋させるようにして、フィニッシュで自身の小指が顔に近づけるように回転させる(重要!)
B戻すときは、肘を伸ばしきるようにする
Cどのポジションでも手首を固定させる

 

NGポイント
・肘の位置が身体後方に固定されてしまう
・持ち上げるとき、肩が動き肘が身体から離れる
・回旋動作が甘い(重要!)
・手首が曲がる
・持ち上げる時、上体が後ろに倒れる
・戻すとき、上体が前に倒れる

 

関連ページ

ボディパンプ バイセプスカール
ボディパンプ・トラック6「バイセプスカール」についての解説ページです。
ボディパンプ ハンマーカール
ボディパンプ・トラック6「ハンマーカール」についての解説ページです。
ボディパンプ バイセプスロー
ボディパンプ・トラック6「バイセプスロー」についての解説ページです。

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集