ボディパンプ バック ハイプル

 

トラック4のバックの種目の一つ「ハイプル」。#110で初登場。上半身をやや前傾させたところからバーを一気に引き上げる動作です。カカトを持ち上げるカーフレイズ動作になるので、下腿の筋肉であるふくらはぎを使用します。また結果として背筋群を使用する形になります。また殿筋群もギュッと縮みます。
日常生活の中で体の背面部というのは中々使う頻度は多くありません。そこにフォーカスしハイプルがボディパンプで導入されたと推測されます。

 

 

使用筋肉

アップライトローの要領でその動き上、カカトを床から持ち上げますから、ふくらはぎの「下腿三頭筋」の動員が図られます。
また背筋群・背面部の各所も動員もされます。

 

 

ハイプルのムービングチェック!

↓スタート(拡大クリック出来ます)
ボディパンプ,バック,ハイプル,ハイプル

 

↓フィニッシュ
ボディパンプ,バック,ハイプル,ハイプル

 

 

ハイプルのコツ

@足は腰幅セットポジション
A両膝を軽く曲げ、一度上半身をやや前傾させる
Bアップライトローの要領でバーを一気に持ち上げる
Cカカトを持ち上げてつま先でつんのめるようにする

 

ハイプルのNGポイント

・初動で前傾がない
・引き上げる際に背中が丸まる
・カカトが床に着いたままになっている

お役立ち情報

TOPへ