ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ ロー・プレートスクワット

2017年9月リリースのボディパンプ103、そのウォーミングアップで初登場した「ロー・プレートスクワット」。プレートを2枚重ねて持ってワイダースタンスでのスクワット。バーでのスクワット以外でこういった種目は初。プレートを下で持つことにより、より脚と特に股関節の可動域を広げていく効果があると推測されます。
現代人は股関節周りの可動域がどんどん狭くなってきているとされてますから、こういった種目はありがたいところ。

 

ポイント!

膝とつま先は斜めに!肘を曲げない!

 

ムービングチェック!

ボディパンプ,ロー・プレートスクワット

 

ボディパンプ,ロー・プレートスクワット

 

 

ボディパンプ,ロー・プレートスクワット

 

ボディパンプ,ロー・プレートスクワット

 

使用筋肉

脚の筋肉である「大腿四頭筋」「大殿筋」そしてワイダースタンスで行うこの種目は「内転筋群」の刺激もします。

 

 

ロー・プレートスクワットのコツ

@プレートを2枚重ね(女性は1キロプレートを、男性は2,5キロプレートをそれぞれ重ねる)
A足のスタンスは「ワイダースタンス」
B膝とつま先を斜めに向けながらスクワットダウンで沈む
Cプレートを持っている肘はしっかり伸ばす

 

NGポイント
・5キロプレートを重ねない(安全面の配慮から)
・膝が爪先より前に出ないようにする(通常スクワットと一緒)
・肘を曲げない(負荷が脚に掛からない)

 

関連ページ

ボディパンプ リバース・カール
ボディパンプ・トラック1「リバース・カール」についての解説ページです。

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集