ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

ボディパンプ プレート・バックステップランジ

トラック7のランジトラックに登場する「プレート・バックステップランジ」。プレートを持ってのバックステップランジは#101で初登場。プレートを持ちながら、その場から後ろに踏むこむバックランジ。バックランジそのものは#30番台からありましたが、プレートを前に持ちながらは#101で初めての動作。プレートを持つことで、コアの筋肉も動員させるので、若干お腹のトレーニングにもなると思われます。

 

 

ポイント!

ポイントは、プレートの面を常に上向きにしておくこと。疲労すると、前向きになりやすいので注意。

 

使用筋肉

主働的には、モモの前の「大腿四頭筋」を刺激。補助的にはお尻の「大殿筋」の収縮・伸長をします。さらに「腸腰筋」のトレーニングも兼ねています。また、プレートを持ちながらなので、コアのトレーニングも兼ねていると思われます。

 

 

ムービングチェック!

↓スタート・腰幅(拡大クリック出来ます)
プレート・バックステップランジ

 

↓ステップバック
プレート・バックステップランジ

 

↓ランジダウン
プレート・バックステップランジ

 

プレート・バックステップランジ

 

↓ランジアップ
プレート・バックステップランジ

 

↓フィニッシュ・膝曲げてやや前傾
プレート・バックステップランジ

 

プレート・バックステップランジ

 

プレート・バックステップランジ

 

 

プレート・バックステップランジのコツ

@脚を腰幅に開く
Aプレートは上向きにして、胸の前で持つ
B片足を後ろのバックステップしてランジ動作
B両膝が90度になるまで、深く沈む
C前の足の重心はカカト寄りにする
D上半身はプレートを上向きキープし、前傾しないようにお腹をスクイーズ

 

NGポイント
・前後に開いた足が一直線上になっている
・プレートの面が前を向く(重要!)
・カカトが床に近いまま
・上体が倒れる
・前の膝が内側に入る
・アップしたとき、膝が伸びきる

 

関連ページ

ボディパンプ ランジ
ボディパンプ・トラック7「ランジ」についての解説ページです。
ボディパンプ プレートランジ
ボディパンプ・トラック7「プレートランジ」についての解説ページです。
ボディパンプ バックステップランジ
ボディパンプ・トラック7「バックステップランジ」についての解説ページです。
ボディパンプ ベンチランジ
ボディパンプ・トラック7「ベンチランジ」についての解説ページです。

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集