ボディパンプ ベンチバックステップランジ

ボディパンプ・トラック7「ベンチバックステップランジ」についての解説ページです。

 

ボディパンプ ベンチバックステップランジの効果

トラック7のランジで登場する「ベンチバックステップランジ」。リリース#112では片手でプレートを持っての動作で、臀部・脚部と共にバランスコーディネーションも強化する内容になります。

 

 

ポイント!

バックステップした際に「両膝が90度/90度」になるまで沈み込むようにする。
後ろ脚を前に戻す際、ステップ台にタップする際つま先軽くタッチで両膝は軽く曲げたままでももに負荷をかけっぱなしにする。ニーアップする際はバランスを取りながら膝を胸に近づける。

 

 

使用筋肉

主働的には、モモの前の「大腿四頭筋」を刺激。補助的にはお尻の「大殿筋」の収縮・伸長をします。さらに「腸腰筋」のトレーニングも兼ねています。

 

 

フォーム・動作

↓スタート(拡大クリック出来ます)
ボディパンプ,ランジ,バックステップランジ,フォーム

 

↓フィニッシュ
ボディパンプ,ランジ,バックステップランジ,フォーム

 

 

ベンチバックステップランジのコツ

@脚は腰幅
A後ろにタップした際はカカトを持ち上げる
B両膝が90度になるまで曲げる
C-a.後ろ脚を戻す際、ステップ台にタップする場合はつま先タッチで両膝は軽く曲げて負荷を逃さない
C-b.後ろ脚を戻す際、ニーアップする場合はバランスを取りながら膝を胸に近づける

 

 

NGポイント

・バックステップした際のランジダウンが甘くなる
・C-a時、両膝が伸び切らないようにする
・C-b時、背中が丸くならないようにする

お役立ち情報

TOPへ