ボディパンプ最強検索サイト / 健康情報サイト

冷え性のままだとなってしまう病気

一昔前の日本人の平均の平熱体温は36,5度程度とされてきました。が、翻って現代では「男性女性問わず」「年齢問わず」
平熱体温が35度台の方が意外に多いそうですね。大きく見た時の原因としては

 

・ストレス
・身体を冷やす食品の摂り過ぎ、食事の偏り
・運動不足
・便利さや快適さを追求したライフスタイルの結果

 

これらの積み重ねで引き起された結果が、現代病の一つとも言える冷え性に繋がるとされています。

 

 

人間の身体・内臓は36,5度で正常に働くようにされているそう(ここ、かなり大事)。なので、仮に平熱体温が35度台だとしたらそれだけで病気予備軍と言え、ゆくゆくには生活習慣予備軍になっていく可能性も。

 

身体が冷えれば「内臓の動きが悪くなる」「疲労が抜けにくくなる」「消化・吸収が悪くなる」等になっていきます。ある研究では35度台のままだとガン発症のリスクが上がるそうです。ガン細胞が増殖しやすいのが35度台だそうで。恐ろしい・・・。他にも

 

「高血圧」 「糖尿病」 「高脂血症」
「肝臓病」 「アレルギー」 「肥満」
「精神疾患」

 

などなど、こういった症状のその原因のほとんどが冷えから来ているそうです。またまた恐ろしい・・・。

 

 

体温が一度下がると免疫力が大幅ダウン

人間の身体、体温が一度下がるだけで、免疫力が約30%ダウン、基礎代謝量が約12%ダウンするそうです。つまり、マイナス1度ごとに病気に関わるリスクが30%高まり、かつ同じものを食べても12%太りやすくなるということです。

 

約50年前の日本人の平均体温は約36,8度前後だそうです。半世紀で1度近くも低下してしまった現代。ある種「人の氷河期」とも言えそうですよね。

 

薬で「体温を上げる」ものがあればいいのでしょうが、現状ではなし(その逆はある)。なので自力でしか改善方法がないと。それには積極的な運動や、身体を芯から温める食べ物を摂ったりすることの繰り返しでしか上がっていきません。何もしないで立ち止まっている方、長期的に見た時、大変な事態になりかねませんよ・・・

 

 

お役立ち情報


トップページ 曲&コリオ トレーニング種目 ボディパンプ効果 用語集